spring

京都の桜を

京都 桜の名所を行く
4月上旬~4月中旬
※エリアによって異なります。

千二百年もの歴史が育んだ日本人にとって特別な花、桜。
春が来た象徴と共に、人々の心をやさしく暖めてくれます。京都では、様々な場所で個性豊かな桜をみることができます。
そんな京都の魅力的な桜を見れる、お勧めのスポットをご紹介します。

京都の夜は
幻想的に
移り変わる
ライトアップされた桜を拝観する
  • 高台寺の夜桜

    写真提供:京都の桜写真

    高台寺の夜桜

    白砂の上に淡いピンク色の花がよく映える京都を代表する名所の一つ。
    夜間はライトアップされ、幻想的な世界につつまれていきます。
    特に方丈庭園の枝垂れ桜が綺麗と評判です。

    交通:ホテルから京都駅市バス206系統で「東山安井」約40分
    住所:京都市東山区高台寺下河原町526
  • 東寺の夜桜

    写真提供:京都の桜写真

    東寺の夜桜

    古都京都の玄関口である、東寺。京都桜の名所の一つでもあります。
    そして世界遺産に指定されている寺院でもあります。
    代表的な光景といえば、不二桜の背後と共に写るこの五重塔です。

    交通:ホテルから徒歩で約25分
    ホテルからJR京都駅近鉄電車で「東寺」約15分
    住所:京都市南区九条町1番地

京都三大祭
葵祭

葵祭とは
開催日:5月15日

京都三大祭りの一つ葵祭。(※正式名称は賀茂祭)平安時代依以来、国家的な行事として行ってきた数少ない王朝風俗が残る祭りです。平安中期の貴族の間では、祭りといえば葵祭のことをさすほど有名な祭りです。
祭の起源は567年に、風水害による不作が立て続きに起きた為、当時賀茂の大神の崇敬者であった、卜部伊吉若日子を勅使として、4月の中酉の日に祭礼を行うと、風雨はおさまり、豊作になったという。
そして、祭りは一国家的行事となるが、応仁の乱により中止となり1694年に再開します。
当初「賀茂祭」と呼ばれていた祭りは、この時から「葵祭」と呼ばれるようになります。

DATA
日程:5月15日(雨天順延)
時間:10時30分開始
住所:上京区京都御苑内
交通:ホテルから京都駅地下鉄烏丸線「今出川」約15分

葵祭 公式サイトはこちら

京都・東山
花灯路

花灯路とは
開催日:3月中旬

京都の青蓮院から清水寺まで、約4.6キロの路に京都の新たな風物詩として、灯りをテーマに始めたイベント。道中に代表するお寺や建造物、街並に灯りを点して、京都独特の幻想的な散策路をお楽しみいただけます。その行灯の総数は約2500基も及び、京都の春を告げる風物詩として、毎年100万人以上の人手で賑わっています。

DATA
日程:3月中旬
時間:午後6時~午後9時30分
住所:京都市東山区
交通:ホテルから京都駅市バス206系統で「知恩院前」約45分

花灯路 公式サイトはこちら

京都
水族館

日本最大級の
内陸型水族館
営業日:年中無休

2012年3月14日開業した、新しい内陸型水族館。
「水と共につながる、いのち。」がコンセプトとした水族館で、延べ床面積約11,000m²を誇る
内陸型水族館としては、日本最大級を誇ります。
水深6メートルの大水槽や、京の川ゾーン・ペンギンゾーンなど9つのゾーンからなり、
子供からお年寄りまで、楽しめる水族館となっています。

DATA
日程:年中無休
時間:10時~20時
住所:京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
交通:ホテルから徒歩で約40分
ホテルから京都駅市バス205系統で
「七条大宮京都水族館前停」約30分

京都水族館 公式サイトはこちら

日本の四季を感じる場所、
京都。

ケータイ・スマホに送る

このページのURLをお手持ちのケータイ・スマホにお送りします。

メールアドレス

(半角英数)

個人情報保護方針

同意の上、送信する