ホテル京阪

採用情報

Cross Over

新しいことに挑戦したい。
いろんなことを経験したい。
向上心のある仲間と働きたい。

ホテル京阪には
学ぶ喜びと働く楽しさを実感できる
環境が整っています。
私たちと一緒に成長を楽しみませんか?

価値を生みだすのは君だ

社長メッセージ

現在、我が国では観光立国実現を目指し、官民を挙げて様々な施策を実施しています。日本は人口減少により殆どの国内産業の先行きが明るくないなか、観光産業は数少ない確実な成長産業と言えるでしょう。ホテル業を営む当社では、このチャンスを捉え京阪グループの安定した財務基盤を活かし、今後の更なる成長戦略を描いています。

その中心となるのがホテルの全国展開です。当社では、ライフスタイルホテル(宿泊主体型ホテル)、ビジネススタイルホテル(宿泊特化型ホテル)という業態でホテルを展開。お客様のあらゆるシーンに対応した、最適なホテルライフ“ちょうどいい”をご提供しています。これらのホテルを主要政令指定都市の駅前を中心に全国展開を進め、「ホテル京阪をナショナルブランドへ!」というヴィジョンの達成を目指します。

「ホテル京阪」では、一人一人のお客様と従業員が接触する瞬間(真実の瞬間)を大切にしています。なぜならば、その瞬間こそが、顧客満足度を決め、ひいては会社の盛衰を決めるからです。従業員一人一人がお客様の真意を深く丁寧に読み取り、お客様のご期待を超えるサービスを提供することを経営姿勢に据えています。それを実践するにはやはり「人財」育成が要であるとの信念のもと、ホテル京阪マネジメントカレッジをはじめとする多彩な研修プログラムを用意しています。また、自分たちの行動で、社風に変化を起こせる風土と環境もあります。様々な業務に挑戦しながら知識の幅を広げ、新しいことに積極的に挑戦していってください。そして、私たちと共に成長を続け、お客様への新たなサービスや価値を創造していきましょう。

代表取締役社長 工藤 俊也

新しいことに挑戦できる環境

良いサービスを提供するためには、
社員が不安や不満を抱えずに働ける環境が
必要不可欠。
ホテル京阪では、働きやすい労働環境と
社員の成長を支えるシステムを
大切にしています。

新しいことに挑戦できる環境

新しいことに挑戦できる環境

ホテル京阪では、「ホテル京阪をナショナルブランドへ!」という
ヴィジョンの達成を目指し、ホテルの全国展開を進めています。
ライフスタイルホテル(宿泊主体型ホテル)、
ビジネススタイルホテル(宿泊特化型ホテル)、
テーマパークのオフィシャルホテルという3つのブランドに加え、
2019年12月には循環型社会に寄与する京阪グループの新しいコンテンツ「BIOSTYLE」を提案する「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」の
運営受託を開始。
従来の枠組みにとらわれない積極的な事業展開も行っています。

ホテル京阪には新しいアイデアや変化を歓迎する風土と環境があります。
様々なことに積極的に挑戦し、
お客様への新たなサービスや価値を創造していきましょう。

社員の成長をサポートする研修制度

社員の成長をサポートする
研修制度

企業の成長を支えるのは「人財」という信念のもと、
「ホテル京阪マネジメントカレッジ」という教育制度を設け、
新入社員研修や階層別研修など、多彩なプログラムを実施しています。
また、希望と適性に応じたジョブローテーションやマルチタスクによって、
それぞれの伸びしろと可能性を広げていることも魅力の一つ。

コンセプトの違うブランドのホテルを展開するホテル京阪グループ。
そこで経験できる様々なサービスを通し、
お客様の幸せが私たちの喜びと感じられる“ホスピタリティマインド”を養います。

「マルチタスク」でオールマイティな人材へ

「マルチタスク」で
オールマイティな人材へ

ホテルを構成するフロント、レストラン、客室清掃など、
時間に応じて複数の部門で業務をこなす「マルチタスク」を導入しています。
1つの部門だけではなく、複数の部門で横断的にタスクをこなすことにより
ホテルで働くにあたって必要な知識と経験が総合的に身につき、
あらゆる業務が対応可能になることはもちろんのこと、
自身の市場価値向上にもつなげられます。
また、部門の垣根を越えて社員・メンバー間で円滑なコミュニケーションが
取れるようになり、仲間同士の強いつながりが生まれます。

マルチタスク 業務例

マルチタスク 業務例

主要全部門のタスクに携わることで
ホテルに関する総合的な知識を経験を
身につけられる

社員の成長をサポートする研修制度

プライベートの充実で
モチベーションを保つ

ホテル業界は土日祝、深夜の就労は避けられません。
その分、有給休暇や長期の休みなどを取得しやすいシステムを整備。
有給休暇取得の声かけはもちろん、上司や先輩自身が積極的に取得することで
新入社員でも申請・取得しやすい環境を整えています。
繁忙期を避けた長期の海外旅行や、遠隔地で開催されるコンサートへの参加、
出勤前のランチやジムなど、他の業界では難しいオフの過ごし方も可能です。

また、育児休暇の取得も奨励。
2018年度は女性4名、男性1名の計5名が取得しています。
男女問わず「家庭との時間」を大切にできるのも京阪の魅力です。

プライベートの充実を応援し、仕事への向上心をサポートします。

独自の研修制度
ホテル京阪マネジメントカレッジ

ホテル京阪ではそれぞれの経験に合わせた
「ホテル京阪マネジメントカレッジ」という
教育制度を設けています。
階層別の手厚い研修プログラムで、
未来の総支配人・支配人を
計画的に育成しています。

多様なサービスを経験

入社1〜5年

現場で多様なサービスを経験することで、お客様のあらゆるシーンに対応した、“ちょうどいい”を提供できる力が身につきます。また、お客様と喜びを共感することや、スタッフ同士の交流によって円滑なコミュニケーション能力が育まれます。

  • コミュニケーション能力
  • 笑顔力
  • 自律自走力

現場を動かす
管理者&司令塔

入社6〜10年

現場で培った多様なサービス経験を活かし、誰が対応してもホテル京阪らしい丁寧な接客をお客様に提供できるよう、現場スタッフの管理や指導に従事します。業務を通じて物事を伝える力や育てる力、相手を思いやる力、想像・創造力を養います。

  • 伝える力
  • 育てる力
  • 想像・創造力
  • 共感力

ホテル運営の
中心的存在になる

入社10年〜

1つの業務だけではなくフロント・予約・レストラン業務に加え、スタッフの採用・トレーニング、広告など様々な業務に携わります。ホテルの運営に関わる業務を担当することで、戦略的思考や経営的視点、マネジメント力を身につけることができます。

  • 戦略的思考
  • 経営的視点
  • マネジメント力

その他教育制度

ホテル京阪では、外国からのお客様への対応スキル向上を測るため、
語学力向上のための試験や制度もあります。

外国語レベルチェックテスト
(英語・中国語・韓国語)

外国語のレベルを測る試験で、レベルによって資格手当を支給しています。

オンライン語学研修
受講補助制度

オンラインでの語学研修受講者への補助金を支給しています。

エントリーはこちら

現在、マイナビからエントリーを受け付けています。
「募集職種」や「条件」などの詳細も
マイナビでご確認くださいませ。

マイナビからエントリー

マイナビ2021

先輩社員インタビュー

今までの型にとらわれない
ホテルを運営してみたい

東京四谷店 副支配人
西野 史紀

Q.1 入社のきっかけを教えてください。
昔、ホテルをテーマにしたドラマを見て、「自分もこんなホテリエになりたい!」という憧れを抱いたのがきっかけでホテル業界を志望しました。
ホテル京阪を選んだ理由は、当時の採用担当の方の印象がすごく良かったからです。もちろん知名度や、ホテルのスペックも入社する企業を選択するうえで重要になってきますが、楽しく働くには、一緒に働く従業員同士の人間関係こそ重要だと思い、その関係性の良さを採用担当の方から感じることができたので、私はホテル京阪に入社することを決めました。
Q.2 これまで携わった業務を教えてください。
2006年 入社後ユニバーサル店に配属。
フロント・予約業務を中心に業務を行う。
2007年 京橋店(現 京橋グランデ店)に配属。
フロント・予約業務を中心に業務を行う。
2008年 ユニバーサル店に配属。
フロント・予約業務以外にもテーマパークのチケット販売管理を担当。
2012年 浅草店に配属。
リーダーとしてフロント・予約業務を管理する以外に、庶務業務を担当。
2016年 ユニバーサル店に配属。
はじめはゲストサービス担当のマネジャーとしてフロント業務に携わり、その後は予約業務担当のマネジャーに。
2017年 人事部に配属。
採用活動を中心に、人事・労務管理に関する業務を幅広く経験。
2018年 東京四谷店に配属。
開業準備から携わり、現在は副支配人としてフロント・予約業務はもちろん、店舗内の労務管理等々、様々な業務に携わる。
Q.3 ホテル京阪で働く中で一番印象に残っていることは何ですか?
人事部で採用担当を経験した事です。皆さんに「ホテル京阪」を知っていただくために、どのような方法で伝えるのが良いのかを考え、採用動画を作成することに。完成して会社説明会で皆さんに初めて公開できたとき、自信と今までに感じたことのないくらいの達成感を得ることができました。その時は会場の後ろで少し嬉し泣きしてましたね。
多くの学生さんと関われたことは、私の日々の業務の活力にもなりましたし、もっと良いホテルにしていきたいと改めて思うことができた、そんな経験でした。
Q.4 これからのキャリアプラン、挑戦したいことを教えてください。
今後は日々行っている接客・日常業務だけではなく、ホテルを運営していく為の経営にかかわるスキルを、もっと積極的に身に着けていきたいと思っています。支配人へとステップアップしたあかつきには、今までの型にとらわれない自分色のホテルを運営してみたいですね!
Q.5 ホテル京阪の魅力を教えてください。
従業員同士の雰囲気の良さはもちろんですが、様々な業務を若手のうちから経験できる環境があることも魅力の1つだと私は思います。私自身、ライフスタイル・ビジネススタイル・テーマパークのオフィシャルホテルと、1つの会社にいながら3つのカテゴリーのホテルを経験することができ、各カテゴリーに合った接客を行うことの難しさを学ぶことができました。また、人事部でのホテル運営に関わる管理業務や、東京四谷店の開業準備など、幅広い業務に携われたからこそ、知識を増やすことができ、自身の成長へと繋がっていったのだと思います。
ホテル京阪には、皆さんが活躍できる機会と場所がたくさんあります!新しいことに、一緒に挑戦してみませんか?

若手のうちから
いろいろな
業務を
任せてもらえる

GOOD NATURE HOTEL KYOTO
リーダー 中嶋 理咲

Q.1 入社のきっかけを教えてください。
大学在籍時、オーストラリアに短期留学したことをきっかけに、多言語や異文化交流に興味を持ちました。そのため、世界中からお越しになるお客様と語学力を活かしてコミュニケーションのとれるホテルで働いてみたいと思い、ホテル業界を中心に就職活動をしました。
京都は寺社仏閣など観光名所も多く、京都駅近くに立地するホテル京阪には、国内はもとより世界各国から様々なお客様がいらっしゃるので、得意の英語を活かして日々接客にあたっています。
Q.2 これまで携わった業務を教えてください。
2014年 入社後、京都店(現 京都グランデ店)に配属。
ロビーでのお客様のご案内、チェックイン・チェックアウト業務をはじめ、予約業務に至るまで様々な業務をマルチに経験。また、お客様満足度を上げるため、CS担当として口コミをもとにお客様のニーズを分析し、業務改善を実施。
2018年 京都八条口店に配属。
開業準備担当として館内や客室の備品選定、オペレーションの構築、アルバイト採用など、フロント業務だけでは経験できない業務に従事。開業後は時間帯責任者として日常業務の管理や後輩・アルバイトの指導を担当。
2019年 GOOD NATURE HOTEL KYOTOに配属。
京阪グループの新しいコンテンツである「BIOSTYLE」を具現化したフラッグシップ施設「GOOD NATURE STATION」のオープンに伴い、“GOOD NATUREに包まれ、触れ、五感で楽しめる場所”としてホテル京阪が運営を担当する「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」の開業準備に携わる。
Q.3 ホテル京阪で働く中で一番印象に残っていることは何ですか?
京都八条口店の開業に携われたことです。備品・アメニティの選定や業務オペレーションの構築、自動チェックイン機を社内で初導入するなど、開業に関わる業務全てが初めての経験でした。開業に向けてやらなければならない業務が多くて大変でしたが、各店舗から集められた同じ開業準備担当の仲間と協力しあい、上司や先輩のフォローのもと京都八条口店を開業できたことは、私にとって何事にも代えがたい貴重な経験となりました。
Q.4 これからのキャリアプラン、挑戦したいことを教えてください。
フロント担当として培ったホスピタリティと、開業準備担当としての経験を活かし、もっともっと新規ホテルの開業や新しい事業に携わりたいです。
そのためにも、まだ経験したことのない旅行会社への営業やWEB販売関係の業務にチャレンジし、ホテル京阪にご宿泊いただくお客様だけでなく、様々なお客様にホテル京阪を選んでいただくためにどのようなことができるのかを学んでみたいです。
Q.5 ホテル京阪の魅力を教えてください。
館内の装飾を考えたり、お客様の為にやりたい!と思ったことに挑戦できる雰囲気があり、若手のうちからフロントのメイン業務をはじめ、いろいろな業務を任せてもらえることはとてもやりがいを感じます。また、全国にチェーン展開を進めており、ビジネススタイルからテーマパークのオフィシャルホテルまで、幅広い接客スタイルを学ぶ機会があるのも魅力です。同じ京阪グループの会社と協力してイベントを企画・実行したり、新規ホテルの開業計画に携わるなど、接客だけにとどまらないキャリアを積めるチャンスがあります。

働きやすい環境づくりを
従業員みんなが意識

ユニバーサル店 池田 真美

Q.1 入社のきっかけを教えてください。
学生の頃、就職活動をする際にいくつかの会社説明会に参加しましたが、ホテル京阪の説明会に参加したときに働く人たちの印象に惹かれたのが入社のきっかけです。
採用担当の方はもちろん、現場で働く方も気持ちの良い対応をしてくださり、私もこんなホテリエになりたい!と思いました。また、テーマパークのオフィシャルホテルをはじめとした3つのカテゴリーのホテルがあり、色々な経験ができること、女性も活躍していることを聞き、入社を決めました。
Q.2 これまで携わった業務を教えてください。
2015年入社。ユニバーサル店に配属。
ゲストサービス部門で、主にお客様のお出迎え・お見送り、フロントでのチェックイン・チェックアウトなどを担当。
また、日常業務とは別でユニバーサル店内のCS教育班に所属し、新入社員や新人アルバイト、各学校からのインターンシップ生のOJTをはじめ、お客様にご満足いただけるよう、従業員の接客スキル向上のための勉強会などを企画および実施。
Q.3 ホテル京阪で働く中で一番印象に残っていることは何ですか?
以前、自分がチェックインを担当したお客様で、記念日でのご宿泊の方がいらっしゃったのですが、そのお客様は翌年にも同じように記念日でのご宿泊にホテル京阪を選んでくださり、偶然にもまた私がチェックインを対応いたしました。私自身、初めてご宿泊頂いた時の印象が強かったので、そのお客様のことを覚えておりましたが、お客様も素敵な思い出の一部として私のことを覚えてくださっていたことに大変感激いたしました。
お客様がホテル京阪を気に入ってまたご来館いただけたこと、そしてお客様の思い出作りのお手伝いができたことは、私にとっても忘れられない出来事となり、今後の接客への励みになりました。
Q.4 これからのキャリアプラン、挑戦したいことを教えてください。
ここ数年、リクルーターとして採用活動にも関わらせて頂き、これから入社される方が「こんなホテルで働きたい!」と思えるようなホテル作りに貢献していきたいと思うようになりました。
会社説明会等の採用活動で学生の皆さんとお話していると、逆に刺激を受けることが多く、改めて自身の業務に対する姿勢や接客について見直す良いきっかけとなり、ホテル京阪での働きがいも実感できています。
今後もリクルーターとして積極的に採用活動などに挑戦し、未来の後輩に憧れてもらえるようなホテリエを目指したいです!
Q.5 ホテル京阪の魅力を教えてください。
ホテル京阪の魅力は、フレンドリーで風通しの良い働きやすい環境だと思います。「クレド」というホテル京阪の行動指針にもこの内容がありますが、従業員みんなが意識して働きやすい環境づくりに努めています。さらに従業員同士の仲が良く、同じ趣味を持つメンバー同士で野球大会を開催したり、市民マラソンに参加するなど、プライベートや休日も充実した生活を送ることができ、職場でのコミュニケーションにも繋がっています。また、社内研修制度をはじめ、おもてなしのプロフェッショナルとして成長するため、新しいことに挑戦する機会もたくさん与えてくれますので、好奇心旺盛で何でもやってみたい私にはぴったりです。

エントリーはこちら

現在、マイナビからエントリーを受け付けています。
「募集職種」や「条件」などの詳細も
マイナビでご確認くださいませ。

マイナビからエントリー

マイナビ2021

求める人材

ホテルは様々な形で人と接する機会がある仕事。
人とのつながりや、相手のことを
思いやることのできる「人財」が必要です。

よろこばせることが
好きな人

ホテルでの仕事は様々な形で「人」と接する機会があります。直接対応する接客だけではなく、予約の手配、食事や掃除も含まれます。自分の仕事がお客様の喜びに繋がると言うことにやりがいを感じて取り組めることが大切です。

チームワークを
大切にできる人

優れたサービスの提供は、どんなに優れたスタッフでも一人だけではできません。スタッフ間のコミュニケーションや情報共有、サポートは必要不可欠。共に働くスッタフと「チーム」としてお客様にサービスを提供できるメンバーが必要です。

プロ意識を持って
働ける人

プロとして、常にプライドを持って前向きに取り組める人財を求めています。サービスとしてのクオリティはもちろん、現状に満足してしまわずに、「より良いサービス」「効率化」など、向上心を持ってポジティブに物事を考えられる方を歓迎します。

エントリーはこちら

現在、マイナビからエントリーを受け付けています。
「募集職種」や「条件」などの詳細も
マイナビでご確認くださいませ。

マイナビからエントリー

マイナビ2021
pagetop